26歳の転職に使いやすい求人サイトランキング

今がチャンス!転職するなら26歳はベストな年齢


リクナビNEXT【求人検索型転職サイト人気No,1】
転職サイトといえば、とすら言える人気転職サイト。20代向けの求人数の多さとスカウト機能が転職活動をサポートします。
国内転職サイトの中でも目を見張る求人件数の多さで人気の高いのがリクナビNEXTです。毎週コンスタントに更新されるフレッシュな求人情報を検索することが可能です。会員限定の魅力的なサービスとしては登録レジュメを見た企業からスカウトが受けられるシステム! 26歳で市場に売り出す体制が自動的に整えられる点で大変魅力的です。

利用者のコメント
良かった
転職しようとリクナビNEXTに登録しました。いっぱいお仕事があって目移りしちゃいましたが、まずは未経験者でもOKなお仕事にしぼって片っ端からエントリーしました。落ちたのもあったけど、一番働いてみたかった会社に決まって大満足です。みなさんにもリクナビNEXTオススメです。
リクナビNEXTに登録してからは毎週水曜日にアップされる新着の求人情報はチェックしていた。中にはいつも募集をかけている求人もあるからそういった求人は除外し、出来るだけ選んでいい企業の求人に応募するようにした。
さっそくスカウトサービスを利用しました。登録直後から沢山のオファーを頂き嬉しかったです。いっぱいオファーを頂けやる気モードになりました。自分でも求人欄から自分の興味ある仕事を探したので予想よりも早く転職先が決まりました。求人探しをするならリクナビNEXTは要チェックですよ!
普通
リクナビは新卒時代も利用したから愛着があった。早速リクナビNEXTにも登録した。結構な数の求人があってとても参考にはなった。しかし人気の求人ばかり応募していたからか、面接までは行けても内定をもらうことができず最後はかなり焦った。
先に転職した同期に勧められて登録した。同期はかなり押していたが自分的には他のサイトの方が使いやすい印象だった。でもまあ、仕事探しするなら複数の転職サイトに登録するのが鉄則だからリクナビNEXTも同時に登録しておいて良かったとは思う。
悪い
人気の転職サイトだと言われているが、スカウトサービスを使うとまったく関係のないようなメールまで届き削除が面倒。その辺もうちょっと考えてもらえたら使いやすくなると思うんだが。自分は早速退会した。


リクルートエージェント【キャリアアドバイザー型転職サイト人気No.1】
顧客満足度1位を記録した定番転職エージェント。20代でキャリアアップを狙う方は是非活用しましょう。
リクルートエージェントは無料登録にも関わらず個別対応にて仕事を紹介してくれる魅力的な人材紹介会社です。注目すべきは各業界に精通した転職のプロであるキャリアアドバイザーの存在です。まだまだ転職経験の少ない26歳のあなたでもキャリアアドバイザーのサポートにより、理想に近い転職を成功させる可能性が高まります。

利用者のコメント
良かった
20代の自分は、上司や先輩の仕事の手伝いを拒否できないので、突然残業や休日出勤を余儀なくされることも多く、一人で転職活動するのは難しい状況にありました。リクルートエージェントは、カウンセリングで希望条件を伝えると、キャリアアドバイザーがマッチングした求人を紹介してくれますし、応募や進捗管理も、パーソナルデスクトップ一つで簡単にできます。在職しながら転職活動したい人には、おすすめですよ。
20代後半での転職は将来のキャリアに大きな影響を与えるので、絶対に失敗したくなかった。キャリアアドバイザーと面談するうちに、どんな仕事を楽しく感じるのか、将来どんな仕事をしてみたいのかが明確になり、方向性が定まった気がする。これまでとは違う業種の求人を紹介されたが、前向きに取り組んで、その道のプロフェッショナルになれるようにがんばりたい。
初めての転職活動で一番不安だったのは、面接応対でした。「面接力向上セミナー」では、自分が面接官のシミュレーション体験をします。その中で、面接官は何をチェックしているのか、何が不採用の理由になるのかがよくわかり、自分のマイナスポイントに気づくきっかけになりました。これからの面接に、活かしていきたいと思います。
普通
エージェントレポートは、求人情報では知りえない内容が満載で、とても読みごたえがあります。ですが、それを読むことで、自分には合わないのではないかと悩みを深くすることもあるので、情報収集の仕方には注意が必要かもしれません。


マイナビエージェント【IT、メーカー系業種中心】
 マイナビグループの転職エージェント。キャリアコンサルタントが一人の転職者にかける時間が多いことで、丁寧な対応と評判です。コンサルタントの変更も可能ですので、もし合わない人が担当になった場合でも安心。
利用者のコメント
良かった
マイナビエージェントに登録したのは、20代のうちに、自分の仕事探しをしっかりしておきたかったからだ。さまざまな業界や企業情報に精通しているキャリアコンサルタントと面談し、自分の強みや志向性を把握してもらった上で、一緒にキャリアプランの設計ができたのは、非常にありがたかった。これから異業種に応募するが、やりがいのある仕事に出会えることを期待している。
将来のキャリアにつながる仕事探しをするためには、プロのサポートが不可欠です。私は、応募書類の添削や面接対策を、応募する企業の採用のポイントに合わせてしてくれることに、本当に驚きました。本気で一緒に仕事探しをしてくれる、キャリアコンサルタントさんがいてくれたから、転職活動をがんばれたんだと思います。
僕がマイナビエージェントのコンテンツで一番読み込んだのは、「注目企業特集」です。新卒のときは会社の知名度や給料だけで企業選びをしていましたが、社会人経験を積んで、自分が仕事に求めるものも見えてきたので、いろいろな企業を知るのは楽しくて、しかも勉強になります。仕事探しのヒントも、もらえた気がしました。
普通
私がマイナビエージェントに登録したのは、自分が楽しめる仕事探しをしたいと考えたからです。テーマ別相談会があると聞き、とても楽しみにしていたのですが、居住エリアによって、受けられるものに差があるのが残念です。需要がないのかもしれないですが、いろいろな業界や職種の方と接する機会を、地方都市でも増やしてほしいです。

 

 

こちらでは比較的若い年齢層の方に向けての就職や転職情報をお届けしています。
26歳の転職ではまだまだ伸び盛りです。 無限の可能性をムダにしない転職を成功させたいですね! 

 

大手企業を狙うのも、もちろん悪くはありませんが、ベンチャーなどもオススメです。
先の長い26歳ですので、設立されて間もない会社の立ち上げ社員として活躍できれば将来の夢も大きく広がります。


 

 

若い世代の転職が増加

 

若い世代の離職者が増えている現在、「七五三問題」という言葉が生まれています。これは、最初に就職してから3年以内に退職する割合が、中卒が7割、高卒が5割、大卒が3割を占めるという意味です。この数字から見てもわかるように、10代20代の離職者は中高年よりもはるかに多いのです。

 

入社してから最初はがむしゃらに仕事を覚えることに精いっぱいだったのが、数年が経ち「本当に自分がやりたかった仕事ではない」、「一生この仕事を続けられるのか」など悩んでいる人もいるでしょう。疑問やストレスを抱えたまま仕事を続けることができないと感じるのなら、20代のうちに転職に向けて行動するのも1つの方法です。30代、40代になると確実に求人数は少なくなります。

 

しかし、現状の不満から抜け出したいだけのための転職であれば、また同じことを繰り返してしまうことになります。本当に自分がやりたいことは何か、そのために何をすれば良いか、よく考えてから転職活動に臨んでください

 

 

26歳には強みがある!

 


26歳は転職をするには有利な年齢です。20代の求人は豊富にありますし、若さ・体力もある上に新卒者にはない強みがあります。それは社会人として数年間働いた経験です。

 

新卒者を採用する企業は多くありますが、新人研修やマナー講座などに莫大なコストと時間がかかります。しかし一度社会経験がある20代の求職者には、社会人としてのマナーや基礎的な能力が身についている人が多いので、採用する企業もコストや手間が省けるという大きなメリットがあります。そのため若さと経験の両方を兼ね備えている26歳を求める企業は多くあるのです。

 

また、26歳は未経験の職業でも転職が可能な年齢です。大学で学んだことを活かせる職業に就けなかった人は、今度こそその知識を活かした職業にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

経験がなくても、若さとやる気が20代の強みになります。たとえ失敗をしてもまだやり直しがきく年齢なので、恐れずにどんどん自分をアピールしましょう。

 

 

転職成功者の共通点とは

 

転職を成功させた人の共通点としてまず挙げられることは、しっかりとした目標を持っているということです。

 

どういう企業に転職したいか、そこで自分の能力をどのように活かせるか、またそのために資格を取るなどの努力をした、など具体的に目標を定めたり努力をしていると、面接でのアピール材料にもなりますし成功する確率が高いと言えます。

 

前職でどのような経験をしたか、またそれによって得たことや努力したことなどをアピールできるようにまとめておきましょう。

 

また、転職を成功させるためには職務経歴書が重要なポイントになります。まずは書類選考を突破しないことには面接にも進めません。転職成功者はこの職務経歴書の書き方を工夫している人が多いです。

 

自分のキャリアをアピールすることは大切ですが、読みづらくダラダラと長いものは好まれません。わかりやすくポイントを押さえて簡潔にまとめ、長くてもA4用紙2枚以内に収めるのが理想的です。

 

 

様々なメリットがある転職サイト

 

求人情報を集めるためには様々な手段があります。ハローワーク、新聞の求人欄、就職情報誌、折り込み広告、転職サイトなど、ざっとあげるだけでもこれだけの媒体があります。

 

中でも20代の転職に絶対に欠かせないのが転職サイトの利用です。

 

転職サイトは企業が有料で求人情報を掲載するため、無料で掲載できるハローワークなどと比べると求人の質が良いと言えます。お金をかけてでも良い人材が欲しいと考えるため、高待遇の求人も多いのです。

 

メリットとしては、なんと言っても求人数が多いこと、24時間いつでも求人情報を検索できることです。またスカウト機能があり、自分の経歴やスキルを匿名で公開すると、企業側の求める条件とマッチした時に企業のほうからオファーがくることがあります。思いがけない企業からオファーが来ることもあり、転職活動の幅も広がるでしょう。

 

また、転職エージェントの利用にも様々なメリットがあります。転職エージェントとは人材紹介会社のことで、専任のコンサルタントがついてくれ、自分に適した企業を紹介してくれたり、面接や職務経歴書の書き方の指導なども行ってくれます。企業との間に入り、面接日の取り決めをしてくれたり、自分ではなかなか切り出しにくい年収や勤務形態の交渉も行ってくれます。

 

初めての転職で不安を感じていても、転職に関するプロの手を借りることでスムーズに活動することができますし、アドバイスを受けることもでき心強さを感じるでしょう。

 

 

こうして転職に成功した!

実際に転職サイトを利用して成功した例を紹介します。

 

 

(事例1 男性/福岡県)

漠然と転職はしたいが、方向性が定まっていませんでした。キャリアコンサルタントの方と相談して、経歴から自分に合った企業を的確に判断してもらい、いくつか紹介してもらいました。面接での採用者がチェックするポイントなども指導してもらい、本番で役立てることができ、無事に内定をもらいました。コンサルタントの方が親身に相談の乗ってくれ、とても感謝しています。

★成功のポイント!
自分自身を客観的に見てもらい、適した企業を紹介してもらったことが成功につながったと言えるでしょう。1人での転職活動に行き詰ることもあります。第三者の意見を取り入れてみるのも1つの方法です。

 

(事例2 女性/東京都)

退職を決めたあとも引き継ぎなどでなかなか転職活動の時間を取れないでいましたが、転職サイトを利用して通勤中でもスマートフォンで求人情報を検索しました。スカウト機能を利用すると、想像以上のオファーが届きスムーズに面接まで進むことができました。

★成功のポイント!
 情報を集めないことには転職活動を進めることはできません。少しのあいた時間でも積極的に利用して情報収集をすることが成功につながります。スカウト機能を利用することによって自分の市場価値がわかり、転職活動に役立てることもできるでしょう。

 

 

おわりに

 

 26歳での転職は他の年代と比べて比較的有利に進みますが、何度も繰り返していては自分のキャリアライフにとってマイナスになります。きちんと計画をたて、これがラストチャンスだと思って後悔のないように自分の希望する転職を成功させてください。


トップページ 26歳転職〜5つの手順〜 いちおし求人サイト